> 頭痛 > 頭痛外来とは

頭痛外来とは

Posted on 2012年2月17日 | 頭痛外来とは はコメントを受け付けていません。

頭痛で悩んでいる人はたくさんいます。ですが、頭痛くらいで・・・と思って、病院に行く人はあまりいません。

頭痛は大抵の場合、ドラッグストアなどで市販されている薬で改善することが出来てしまうからです。

ですが、頭痛の原因となっているものが、脳腫瘍など、命に関わる大きな病気であることも稀にあります。頭痛で悩んでいる人は、頭痛外来を受診してみると安心です。

頭痛外来とは、「頭痛で悩んでいる人のための病院・診療科」のことです。

内科や脳神経外科、精神科などの医師が開院しています。CTやMRI、より精密な検査機器(SPECT)などで頭痛の原因を診察し、診断、そして薬の処方をしてくれます。

もちろん頭痛外来は保険が適応されます。そして、検査も痛くありませんし、辛くもありません。苦しい検査では決してありませんから、気軽に受診してください。

頭痛外来を受診するときには、自分の頭痛のタイプを自分で分析しておくと診察がスムーズです。

たとえば、生理前に頭痛がする、眼精疲労によって頭痛がひどくなる、目眩がする、朝起きたときに痛い、肩がこっている、目がチカチカする・・・気付いたことをどのようなことでも良いので書き出して、医師に提出したり、問診表に書き込むことで、医師の診断の資料になります。

Comments are closed .