> 頭痛 > 2種類の頭痛

2種類の頭痛

Posted on 2012年3月2日 | 2種類の頭痛 はコメントを受け付けていません。

最近ではストレスからも頭痛症状は起こり得るとの情報を耳にします。

鎮痛剤のテレビコマーシャルでも疲労などが原因で起こる頭痛の様子が放送されていますね。

頭痛は大きく2つ、「症候性頭痛」と「機能性頭痛」に分類されます。

まず「症候性頭痛」は、頭痛の原因が分かっている場合にそう呼ばれます。

頭痛症状を放置していると、脳腫瘍・クモ膜下出血・慢性硬膜下血腫など命に関わる病気も起こしかねません。

また「機能性頭痛」は、検査での異常がなければ一般に呼ばれるところの慢性頭痛で知られています。このうち、頭皮の血管が拡張してそれが原因となる血管性の頭痛として片頭痛や群発頭痛があります。

一方、血管性頭痛ではない肩こりが原因とされる「緊張型頭痛」もあります。

以上、この頭痛の種類は国際頭痛学会が簡易分類として紹介していますので参考までに。

注意点ですが、頭痛の強弱はどうあれ安易に自己診断せず、頭痛外来で判断を仰ぐのが妥当と考えます。

Comments are closed .