> 頭痛 > 群発性頭痛のこと

群発性頭痛のこと

Posted on 2012年5月23日 | 群発性頭痛のこと はコメントを受け付けていません。

頭痛の中の頭痛。頭痛の王様といってもよいくらい痛い頭痛を知っていますか。
その名も群発性頭痛。

出産よりも痛いといわれている痛みが世の中には3つあって
群発性頭痛はそのうちの1つだそうです。

どのくらい痛いのかというと、スプーンで目玉をえぐられるほど痛いとか目の中で火山が噴火するような痛みと患者の皆さんが表現されるようなので尋常な痛みではないようです。

突然そんな痛みが襲ってきたら、そして定期的に襲ってきたら・・・。

目の前が真っ暗になってしまいますよね・・・。

あまりの痛みに自殺を考えてしまう人もいるくらいやっかいな頭痛だそうです。

なぜそんなに痛いのかというと、目はすごく敏感な器官なのにも関わらず
その目の後ろを通っている血管が炎症を起こしてしまうから。

目にゴミが入っただけでも痛いのに、自分の手の届かない部分が炎症を起こしてしまったらさぞ痛いだろうなと思います。

群発性頭痛専用の痛みどめがあるらしいのですが、自分で注射しなければならなかったりして使い方は結構難しいようです。

Comments are closed .